屋根葺き替えご提案 (異色編)

屋根葺き替えご提案 (異色編)

我が家の牡丹の花バラ
牡丹の花

10数年前 島根の大根島で一株購入した牡丹の花が

今年も元気に咲き見頃です。

牡丹の花

電話さて、雨漏り調査依頼の電話があり視てきました。

築35年の借家
平成26年4月施工

玄関上に多数の雨漏れ跡
岡本様借家

早速屋根に登って調査すると

屋根瓦割れていませんでしたが

   矢印

「瓦の下に敷く防水紙」が・・・
中古瓦

屋根瓦の下に敷く防水紙が破れたり孔が空いていたり。

「エッ? 瓦が割れてないんだから雨って漏らないんじゃないの?」

と思われている方多いと思います。

確かに瓦が割れている事は雨漏りの致命傷ですが、

瓦の下に敷く防水紙も大切。

瓦と瓦の隙間から吹き降りによって吹きこんだ雨を下葺き材でシャットアウト

防水紙の経年劣化によるものと判断しました。

しかし防水紙を交換するということは瓦を一度撤去しなければいけません。

古い瓦は割れやすく不足の瓦が発生します。

家主様、思い切って屋根替えをご決断されましたが


金額は掛けたくなぁ~い。

完成写真はこれ↓

岡本様借家完成

上出来 まったく問題ないじゃない ドキドキ

と思ってズームさせていただくと虫メガネ

瓦に汚れの跡が・・・ ア・ル?

岡本様中古瓦納め

そうなんです。

弊社がストックしていた中古の瓦を採用させていただきました。

車にも中古車があるように中古瓦もあります。

(※中古瓦には条件があります)

そして、部分的な箇所は簡略的な仕様を採用

※メタル(板金)仕様

岡本様棟板金納め 岡本様袖板金納め

中古瓦の程度にもよりますが、家主様が喜んでいただけるご提案ができたかどうか。

10年後に口コミとなり広がってくれることを期待しています。

もっともっと知恵をだして

また明日から励んでいきます。 (@°▽°@)ノ

ひろやす瓦の想い

ひろやす瓦ではお客様に本当に満足していただくため

お客様のご要望を第一に考えた工事をご提案させていただいております

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっとご満足していただけるを体験ができると思います。