屋根蘇る?! 完結編

屋根蘇る?! 完結編

2011年11月12日に掲載した『屋根蘇る?!』
の工事、今日完成しました。
おちゃむの『よろこびの庭』-西原博様 軒巴からの撮影
おちゃむの『よろこびの庭』-西原博様 鬼瓦と破風

【瓦リ・ユース】プロジェクトを企画・スタートし、梅雨明け間もない7月22日から屋根に載っているを瓦を大事に下ろし始めた頃にはこんなに長期に渡って掛かるとは誰が想像していたことでしょう・・・ その分、力入ってます。かなりリキんでいます。ブタくんマッチョフンゴフンゴ

玄人好みの施工のポイントは最後にご説明をさせていただきます。

まず Before右矢印Afterで ご覧下さい

1北面になりますが木が腐って屋根がおちていましたが大工下地工事から大復旧しました。
おちゃむの『よろこびの庭』-西原博様 前 隅木折れ
矢印おちゃむの『よろこびの庭』-西原博様 完成 北面隅木が落ちていた箇所

2瓦がズリ落ちて雨がかなり漏っていましたが、落ちないように銅線で締め付けました。色味も統一感を保たせました。
おちゃむの『よろこびの庭』-西原博様 前 棟
矢印おちゃむの『よろこびの庭』-西原博様 棟完成

3下からの撮影は判りにくいですね。現地調査をしたのは今から2年前ほど。あれは北風が吹く寒い12月でした。
おちゃむの『よろこびの庭』-西原 児島唐琴前
矢印おちゃむの『よろこびの庭』-西原博様 完成 南面から

これだけ工事期間が長くなると、お客様との関係は、“拗れる”か“繋がる”かどちかになることが多いですが、今回、N様はきっと喜んでくれているはず :*:・( ̄∀ ̄)・:*:  ・・・・だと、自負しています。

しかし、反省もあります。

工期が長くなり過ぎた事は、他の業者の方にご迷惑を掛けたことは紛れもないこと。元請けの方、これから工事をされる左官さん・板金屋さん、年末清掃に入る美装の方。本当に申し訳ありません。 かなり反省しています。工期の試算が甘すぎました。 ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

また、材料が途中不足してしまったこと。余るくらい丁寧に下ろした瓦が全く足りなくなったこと。棟に使う瓦がギリギリきっちりしかなかったこと。

あぁ~、申し訳ありませんでした (>_<)

さて、この屋根のポイントは
おちゃむの『よろこびの庭』-西原博様 棟完成
拡大
おちゃむの『よろこびの庭』-西原博様 棟完成

大熨斗を1段で納めたことです。 これについての異論反論はあるでしょうが、この屋根の極みになります。

お金には変えられない価値を見い出せた仕事でした。

今後ともどうぞヒロヤスかわら
清き1票をよろしくお願い申し上げます。


ひろやす瓦の想い

ひろやす瓦ではお客様に本当に満足していただくため

お客様のご要望を第一に考えた工事をご提案させていただいております

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっとご満足していただけるを体験ができると思います。