祖山妙覚寺 手水舎 建て替え屋根工事

祖山妙覚寺 手水舎 建て替え屋根工事

このたび、祖山妙覚寺の手水舎の建て替え屋根工事をさせていただきました。

手水舎とは、神社やお寺の参道に置かれた手洗い場のことです。
手水舎は、俗界にいる人間が聖域に入る前に、手や口、肉体についた邪気を払い、お浄めをする儀式的な場でもありますね。

               まず、事故がなく無事工事が終わりるようにと起工式を行いました。

起工式が終わり、作業開始です。

既存屋根瓦の撤去・解体作業です。

 ようやく下地が見えてきました。

 今回は素材にも力が入っています。
木材は欅材。木材の加工は機械でする方法ではなく、理屈がわかっている職人しかできない手作業です。

職人さんがこんな感じで仕上げてくださっています。まさに職人技ですね!

 

石は万成石

 

瓦は淡路島本葺き瓦を使用しました。

 

いよいよ大工工事です。
職人技が効いた木材が組立てられていきます。

                                                        

そして、我ら瓦葺き隊の出番です!

 

平部完成

鬼瓦取付

完成!!

 

それぞれの職人技が効き、立派な手水舎に生まれ変わりました!

ひろやす瓦の想い

ひろやす瓦ではお客様に本当に満足していただくため

お客様のご要望を第一に考えた工事をご提案させていただいております

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっとご満足していただけるを体験ができると思います。