日産リーフ 590㌔の旅

日産リーフ 590㌔の旅

どうやら来週には梅雨が明けるようです。

梅雨があけるとガンガンの暑さ、ビールの美味しい時季ですが

健康管理には十分気を付けてこの1か月乗り切っていきましょう。

業界の研修会で島根県太田市に行ってきました。

おちゃむは電気自動車に乗っていますが今回は思い切ってその電気自動車で行く計画。

途中の充電spotに一抹の不安を覚えながら、

島根県太田市しをめざしリーフで1泊2日の

tourism



【往路】

出発地 岡山インターから山陽自動車道から

新しく開通した尾道高速(通称:やまなみ街道)を経由し

島根県三瓶山を目指すルート

第1SPOT 福山S.A.
福山S.A. 下り

バラは5月が見ごろかと思っていましたが

どうやら今は第2弾の見頃のようです。

福山S.A. 下り バラ

島根県 国立公園内三瓶山にある【さんべ荘】に到着
さんべ荘

ここにも充電SPOTが設置されてありました。
さんべ荘 E.V.スポット

※注意 一部負担金の支払いが必要でした。

【復路】

浜田道 → 中国道 → 広島道 →山陽自動車道を通り

岡山に戻るルート

①日産サティオ浜田店で充電

日産サティオ 浜田

浜田I.C.
浜田インター

広島県北部から島根県でよくみられる赤瓦の街並み
島根 赤瓦の街並み①

②中国縦貫道安佐S.A.下りで充電
安佐S.A.

ソフトクリームもしっかりゲット

③山陽自動車道 広島県小谷S.A.上りで充電
小谷S.A.

④最後の充電スポット 山陽自動車道岡山県道口S.A.
道口S.A.

【まとめ】

往路は岡山から島根とう登り坂の道が多いため早目の充電と100%充電が必要に感じました。

復路は逆に下り坂が多いため回生(カイセイ)ブレーキが働き走れるため

充電回数は少なくエコ運転ができるようでしたが

区間~区間に行くための充電スポットが中途半端なため

充電しなくても走れそうなんだが次のSPOTまでは電気がもたない。

という時間ロスが多いドレイブ。

ただし、電気自動車は来年の2月まで

「高速道路をどこまで乗って1,000円」

という社会実験を利用をしているため

本来は約9,000円という高速利用料金が

今回は2,000円で利用させてもらいました。

※事前登録必要です。

時間はかかりましたがE.Vスポットの普及に伴い電気自動車で


日本全国を巡ることが可能という立証ができました。

ひろやす瓦の想い

ひろやす瓦ではお客様に本当に満足していただくため

お客様のご要望を第一に考えた工事をご提案させていただいております

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっとご満足していただけるを体験ができると思います。