災害被害と保険制度 について

災害被害と保険制度 について

皆様のエリアでは瓦が飛ばされたとか床下浸水になったという被害はでていませんか。

これまで被害が少ない岡山県にとって今回の台風進路は想定外の出来事でした。



さて、


〇台風被害と火災保険について




一般に火災保険や火災共済に加入していると、火事のみでなく、落雷や水つかり(床上浸水)などの保障がついていることが多いです。

中でも台風や強風による損害は「風災」という呼ばれ方で


基本的な保障対象になっていることが多く、


その場合は損害額に対して保険金が支払われます。


保険金の支払われる条件は各保険会社、共済によって異なりますが、

基本的には台風等の強風を直接の原因としていること、劣化によるものではないことなどです。

また、保険種類によっては「免責金額」が設けられていることもあります。

万一に損害があった場合にはまずは損害箇所、建物全体、表札等の写真を撮り、保険会社や保険代理店に確認をしてみてください。







〇火災保険の証券の見方




火災保険は対象が何になっているかで保険金の支払い可否が変わります。

保険の対象とは何に保険がかかっているか、ということです。


保険の対象で主なものを挙げると

・建物

・家財

・設備

・商品

などです。




建物に保険が付いていれば建物の損害に対し保険金が出る、出ないという判断になります。
また、家財に保険が付いていれば建物の損害に対しては保険金の支払いは対象外ということになります。




損害があった場合は上記の手順に基づいて確認をしてみてください。







ひろやす瓦の想い

ひろやす瓦ではお客様に本当に満足していただくため

お客様のご要望を第一に考えた工事をご提案させていただいております

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっとご満足していただけるを体験ができると思います。