瓦の種類

イメージ

瓦の種類

イメージ

軽量屋根

板金

昔は通称『カラートタン屋根(亜鉛メッキ鋼板)』と言い、製品保障はありませんでした。現在は『ガルバリウム鋼板』という製品があります。これは、基板が鉄で出来ていてアルミと亜鉛で鉄をコーティングしている鋼板です。製品保障は10年です。売りはなんと言っても屋根の軽量化と素材が板金なので丸みを帯びた屋根など様々なデザインを作り上げることが出来ます。またコスト低減にもなります。屋根の葺き方としては、長方形の平板を横長に葺く『一文字葺き・アポロ葺き』と棟から軒先にかけて縦に棒を並べたように葺く『瓦棒葺き』が代表的です。

イメージ

カラーベスト

イメージ

セメント系の安価な商品です。新築時に予算を削らなければいけない場合に陶器瓦からカラーベストに変更すればかなりのコストダウンになります。また、軽量屋根材なので家の構造体にかかる負担も軽減されます。ただ色褪せなどがあり、塗装メンテナンスが必要になることがあります。(塗り替え価格はケースにより変わってきますが、建坪30坪程度で数十万円です。弊社も施工をお請けしております。)既にカラーベストの屋根の家は、新築時に軽量屋根材にて構造計算がしてあるため、葺き替えなどの際には、選択できる屋根材が限られてきます。既存のカラーベストに新しい素材を覆う工法もあります。 お気軽にお問合せください。

ROOGA

異なる材料の特性をひとつに融合した新素材「HYBRID PIF」を採用し、重厚感がありながら軽量という屋根材です。KMEW独自技術の『グラッサコーティング』により、紫外線による色褪せ、汚れの付着の原因となる静電気の発生を防ぎ、30年相当が経過しても鮮やかな色と光沢を保つことができます。 このコーティングによりセメント系屋根材で多い経年変化によるメンテナンスの心配は解消されます。この屋根材は『軽さ』『強さ』『美しさ』が一番の特徴です。一度サンプルをお取り寄せのうえ、体感してください。

イメージ

更に詳しくは http://www.kmew.co.jp/shouhin/roof/rooga/index.html

軽量陶磁器

イメージ

【和風タイプ】通常の瓦1枚の重さは2,700グラム程度ですが、2,420グラムと約1割の軽量化に成功しました。その秘密は、瓦の裏に入っている『補強芯』という線です。これを入れることにより強度を保ちながら軽量化することができました。

【洋風タイプ】陶器瓦の中では㎡あたり最も軽量な瓦です。(34.5㎏/㎡)最近では洋風の建築物にも洋風の陶器瓦を使用した設計が多くあります。陶器瓦ならではの築き上げられた美証データをもとに、安心して住まいの生活をご提案できる瓦です。また、50年に一度の台風を想定した台風圧に適応した防災瓦としても確認済みです。

ポピュラー屋根

和型瓦

長い期間に培われてきた伝統的な形の【和型】は、日本の四季のある気候・風土に合い屋根リフォームの瓦のタイプで迷われている方にはお勧めする無難な商品です。山と谷がはっきりしているため水捌けもよく、昨今、局地的に豪雨のように振るゲリラ雨と呼ばれる雨に対しても安心して対処することができます。もっとも親しまれてきているスタンダードな瓦です。棟と呼ばれる箇所に並べる瓦を変えることにより建物を大正風にしたり新和風・今風にも演出できます。

イメージ

平板瓦

直線的なラインでシンプルかつシャープな美しさを表現できます。洋風住宅や現代建築にスタイリッシュな印象が生まれます。プレファブメーカーでよく採用されている陶器瓦です。

イメージ

S型瓦

凸凹が大きく表情豊かな屋根になります。どちらかと言えば洋風の屋根になります。特徴は屋根に個性を表現でき圧倒的な存在感です。また何色かの色を組あわせることにより欧州の屋根に似た雰囲気にできます。(色の組み合わせは各瓦メーカーホームページで組み合わせることができます)こだわりをもったお客様は、色をオーダーすることもできます。(別途料金)

イメージ

二つ山瓦

平板瓦の中央付近に溝がついたタイプで、低コストで個性を表現できる瓦です。山と谷がある瓦のため瓦の裏に空気層ができ断熱効果も発揮されるのは環境にも配慮され付加価値のある商品。

イメージ

更に詳しくはhttp://www.ebisu-kawara.co.jp/seihinjyouhoMa.html

いぶし瓦

焼成時、瓦表面に『燻化(くんか)』という炭素膜を施するのが特徴で、これがいぶし瓦の美観と性能に結びついています。和風の代表瓦ですが、最近では新和風というカテゴリーで日本建築までコテコテしたくない屋根瓦の並べ方も若い人に人気があります。

イメージ

更に詳しくはhttp://www.midori-yougyou.co.jp/reform.html

陶磁器瓦

瓦を作るベースを成形乾燥させた後に、釉薬をかけて焼き上げたものです。色々な色味が楽しめるのも特徴です。豊かに表現できる瓦です。色彩が豊富で、色艶が良く、変色・退色の少ないのが特徴です。和洋など建築の様式を問わず、個性を豊かに表現できる瓦です。

イメージ

素焼き瓦

陶器瓦の焼き上げる工程の中で、『釉薬』と呼ばれる上薬をかけることをせず焼き上げる瓦です。陶器の自然の風合いを生かした瓦で、焼成後には写真のように赤っぽい瓦になります。色合いもナチュラルで洋風建築物にマッチする瓦です。

イメージ

窯変瓦

窯で色味に変化をつけて焼き上げる高級瓦です。科学的な手法を使わずに、原料となる土の微妙な味わいを炎で再現する方法で、自然な窯変の味わいが、優しい景観をつくりあげます。弊社お勧めの瓦です。

イメージ

ひろやす瓦の想い

ひろやす瓦ではお客様に本当に満足していただくため

お客様のご要望を第一に考えた工事をご提案させていただいております

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっとご満足していただけるを体験ができると思います。