屋根工事オプション

イメージ

屋根工事オプション(屋根工事の工法)

耐震・耐風工法

縦桟工法『がっちりくん』
瓦がずれないように、桟木と呼ばれる木を横にうちつけて瓦を引っ掛けて葺いていきます。縦にも桟木を打つことにより、瓦一枚一枚を一つのマスで固定し、瓦のぐらつきやズレ台風などの強い風に耐えることができます。【屋根瓦安定特許工法】 ¥1,500/㎡~

イメージ

軽量・耐震工法

棟・隅棟には土をおいてその上に瓦を並べていく湿式工法というのが従来の工法(写真B)。一般的ですが、最近では屋根の軽量化が求められてきているため、(写真A)のように雨の侵入も防げる強力粘着テープを巻きつけていく工法もあります。この強力粘着テープを使用することにより、一般的な寄棟屋根(約40坪)なら、約750kgの軽量化に成功します。強力粘着テープ単価は@2,000/m~

イメージ

広安瓦圧倒的おすすめ外断熱工法

イメージ

①古材・古瓦撤去後、屋根の下地を12mmのコンパネで調整します。→②12mmのコンパネの上に、平均厚さ52㎜の断熱材(ヤネフキ名人)をと同じ要領で並べます。

 

イメージ

ヤネフキ名人と瓦を専用ボンドで直接結合することにより、風邪にも耐えれる強い地からを発揮し雨音も静かに

 

イメージ

【ヤネフキ名人の効果】
防水性 …… 屋根の命です
断熱性 …… カップラーメンの容器はわずか1㎜程度ですが100℃近いお湯を注いでも素手で容器をもつことができます。ヤネフキ名人はその何十倍もある厚さ約52㎜なので、断熱性は驚くほどのものです。
遮音性 …… 厚みにより、断熱効果とともに音までも吸収してくれます。
更に詳しくは
http://www.home-kenzai.co.jp/03_roof/01_yanefuki/index.html

屋根断熱工法(アストロフォイル)

イメージ
クーラーボックスの原理を利用し、瓦の下の屋根面にアルミの膜を敷く屋根遮熱シート『アストロフォイル』各1650/㎡~

更に詳しくは
http://www.astrofoil.jp/explain/index.html

屋根断熱工法(サンフォーム)

イメージ
押出法ポリスチレンフォームの材質を使い瓦の大きさに関係なく屋根面の必要箇所だけに断熱材を敷き込む『サンフォーム』各1650/㎡~

更に詳しくは
屋根断熱工法 サンフォーム
(pdfファイルが開きます。)

大工工事編

軒天井板交換工事

軒天の化粧板を屋根の葺き替え工事と同時に交換  @2500/㎡~

イメージ

屋根勾配変更工事

イメージ

イメージ
その1.
カラーベストの屋根を瓦の屋根に変更するため、屋根勾配の変更が必要になりました。(注)構造上、補強工事が必要になることがあります。
イメージ
その2.
イメージ
さらに詳しくは
http://www.kinzoku-yane.or.jp/roof/type/02_kawarabou-buki_01.html
の板金屋根を瓦の屋根に変更するため、屋根勾配の変更が必要になりました。
《施主様の感想》
・部屋がかなり涼しくなった
・雨音が気にならなくなった

 

イメージ

屋根勾配変更工事

イメージ
岡山でよくみられる『千枚袖納め』。 
屋根の端の瓦を変更する工事です。
イメージ

天窓工事編

ガラス瓦工事

イメージ
¥5,000/枚

電球1個分の明かりを採ることができます。北側屋根のあまり陽がささない箇所へ入れると、明かりの効果が実感できます。

イメージ

トップライト工事

イメージ
¥65,000~/所

(大きさ、機能により価格差あります。)※工事費別途

蛍光灯1本分の明かりを採ることができます。トップライトを設けることで、部屋に3倍の採光能力があげられます。開閉式トップライトでは、家全体に新鮮な空気を取り入れるとともに、熱い空気が上に流れる性質も利用し、風の抜け道となり千倍の通風能力があげられます。このトップライトを使用し、エアコン使用料を抑えることによって年間CO2を18%削減できるデータも出ています。

更に詳しくはhttp://www.velux.co.jp/private/get_inspired/why_toplight

ひろやす瓦の想い

ひろやす瓦ではお客様に本当に満足していただくため

お客様のご要望を第一に考えた工事をご提案させていただいております

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっとご満足していただけるを体験ができると思います。