業者の方向け成分表

分析証明書
骨材試験

廃瓦破砕リサイクル品「淡路瓦」 水素イオン濃度 pH(H2O)7.7
廃瓦破砕リサイクル品「三州瓦」 水素イオン濃度 pH(H2O)7.4
廃瓦破砕リサイクル品「岡山県産赤瓦」 水素イオン濃度 pH(H2O)7.2
廃瓦破砕リサイクル品「岡山県産本いぶし」 水素イオン濃度 pH(H2O)6.4

 

試料名 廃瓦破砕リサイクル品「淡路瓦
廃瓦破砕リサイクル品「三州瓦」
廃瓦破砕リサイクル品「岡山県産赤瓦」
廃瓦破砕リサイクル品「岡山県産本いぶし」
試験内容 保水性試験の方法
1.内径36mm、高さ150mmのセルロース繊維性の円筒ろ紙に試料材料を充填する。その充填量は円筒ろ紙の上端から30mmまでとする(容量おおよそ0.12リットル)。試料充填後電子天秤にて計量し、予め確認しておいた円筒ろ紙の重さを差し引き、充填試料の重さ[A]gとする。
2.充填された試料が流出しなように水浸させる。(水道水を入れた容器使用)
3.30分経過したら水浸を止め、引き揚げてろ紙から水滴が落ちなくなるまで放置(約30分間)。
4.その直後計量し、また合わせて円筒ろ紙のみで同様の水浸、引き揚げ、放置したものを5本計量し、最大と最小を除いた3本の平均値を円筒ろ紙の重さとして差し引き、充填試料の重さ[B]gとする。
5.1kg当たりの保水量を計算する。 計算式:保水量(g)=([B]-[A])×(1000/[A])
6.1kg当たりの保水率を計算する。 計算式:保水率(%)=(保水量/1000)×100
試験実施日 平成26年11月14日
試験結果
試料名 試料 1kg 当たり
保水量(g) 保水率(%)
廃瓦破砕リサイクル品「淡路瓦」 平均値 163.5 平均値 16.3
廃瓦破砕リサイクル品「三州瓦」 平均値 101.8 平均値 10.2
廃瓦破砕リサイクル品「岡山県産赤瓦」 平均値 139.7 平均値 14.0
廃瓦破砕リサイクル品「岡山県産本いぶし」 平均値 256.5 平均値 25.7
<対象>造園用敷砂利・小粒 平均値 29.1 平均値 2.9

 

廃瓦破砕リサイクル品「淡路瓦」 環境汚染関係の指定有害物質は不検出であり、ケイ素が非常に多く、アルミニウム、鉄も多く、またカリウム、カルシウム、マグネシウム、チタンが中程度検出されています。
廃瓦破砕リサイクル品「三州瓦」 環境汚染関係の指定有害物のうち、少ない程度ですが「鉛」が検出されています。ケイ素が非常に多く、アルミニウム、また鉄、カリウム、カルシウム、ナトリウム、チタンが中程度検出されています。
廃瓦破砕リサイクル品「岡山県産赤瓦」 環境汚染関係の指定有害物質は不検出であり、ケイ素が非常に多く、アルミニウムも多く、また鉄、カリウム、チタン、ナトリウムが中程度検出されています。
廃瓦破砕リサイクル品「岡山県産本いぶし」 環境汚染関係の指定有害物質は不検出であり、ケイ素が非常に多く、アルミニウム、鉄も多く、またカリウム、カルシウム、チタン、マグネシウムが中程度検出されています。

 

<試験結果一覧> 単位・・・mg/L
項目 水銀 カドミウム 六価クロム 砒素 セレン 概要
定量限界値 0.0005 0.005 0.01 0.02 0.005 0.01
品名 廃瓦破砕リサイクル品「淡路瓦」 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出
廃瓦破砕リサイクル品「三州瓦」 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出
廃瓦破砕リサイクル品「岡山県産赤瓦」 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出
廃瓦破砕リサイクル品「岡山県産本いぶし」 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出
ご参考:産廃埋立基準 0.005 0.3 0.3 1.5 0.3 0.3 以下

※「不検出」とは、定量限界値未満であることを示す。

淡路瓦

三州瓦

岡山県産 赤瓦

岡山県産 本いぶし

ひろやす瓦の想い

ひろやす瓦ではお客様に本当に満足していただくため

お客様のご要望を第一に考えた工事をご提案させていただいております

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっとご満足していただけるを体験ができると思います。