• Youtube
  • Facebook
  • Instagram
  • TikTok
  • Ameba blog
  • LINE

波板・スレート工事

波板・スレート工事

波板・スレート工事

波板・スレート工事

波板・スレート工事対応します

頑丈な柱や梁等の本格的な大工工事は必要とせず簡単に雨をしのげる波板やスレート屋根。
しかし、強風などにより長年留めつけていた釘が緩み飛散し張替えを余儀なくされた事例が増えています。経年劣化などで寿命ということもありますが留めつけが正しくできていれば被害なく使用できるケースもあります。
たかが波板・スレート工事ですがアイディアをご提案させていただきます。屋根のプロにお任せ下さい。

波板工事
施工事例を一部ご紹介

《強風被害(保険対応)》

ビフォー|波板工事 強風被害(保険対応)
アフター|波板工事 強風被害(保険対応)

お客様

赤磐市 K様

お悩み・ご要望

以前から新聞に入る折込チラシが気になっていた。
車庫屋根の波板で強風で欠損したり経年劣化により破損している。初めての依頼で勇気がいったが電話してみた。70代二人暮らし。

施工ポイント

何度か自身で補修した跡が確認された。風が強く当たる部分は波トタンを採用。冬場の結露や夏の暑さ対策及び車庫が暗くなるのは避けたかったので、ポリカーボネートのヒートカットと言われる熱線遮断用の波板を施した。また劣化部の修理部分に関しては火災保険申請が適用された。

ご依頼のきっかけ

当社の瓦しんぶん(折込チラシ)を見て

経年劣化で傷んだ
波板の修繕もお任せください

《劣化交換》

ビフォー|波板工事 劣化交換
アフター|波板工事 劣化交換

お客様

岡山市北区 S様

お悩み・ご要望

35年前に流行ったガラス繊維入りの波板。汚れと劣化がひどく母屋と長屋の間を明るくしたい。

施工ポイント

波板ポリカーボネイトで張替え。色はブロンズ色。透明ほど明るさはないが、これまでのものと比較し手元作業が明るくよくわかるようになった。

ご依頼のきっかけ

過去にご依頼いただいたご縁

スレートは

これをするだけで
飛散防止につながります

《フックの留め付け》 
※おすすめ!!

ビフォー|波板工事 フックの留め付け
アフター|波板工事 フックの留め付け

お客様

岡山市北区 F様

お悩み・ご要望

40年近くなる農業用倉庫スレート屋根がふるくなっているのでどうしたらよいか。屋根替えをした方が良いのかという相談。

ただし法要があり必要なリファームがありそのために決めている費用の中この倉庫をどのように営繕したらよいかということが本題でした。

施工ポイント

スレート屋根は塗装するか、新たに張り直すか、という選択肢になりますが、この倉庫は「漏水の報告を調査時受けなかったこと。」「スレートのひび割れが確認されていたなかったこと。」を鑑みてスレートフックをビスの留めつけ直しを施しました。

過去の留めつけは太い釘で留めつけていますが、長年の風ににより留めつけ金具が浮き、それが原因で屋根材が飛散する相談が多いです。この釘止め補修は屋根材の状態によっては費用を抑えられる効果的な施工です。

ご依頼のきっかけ

近隣の家

《釘からビス止めに》

施工ポイント

釘が緩んで飛散する前にビスで止めてしっかり強化。

スレート屋根
修繕方法もいろいろあります

スレート→塗装工事

スレート→塗装工事 施工前
スレート→塗装工事 施工後

スレート→板金カバー

スレート→板金カバー 施工前
スレート→板金カバー 施工後

スレート→スレート

スレート→スレート 施工前
スレート→スレート 施工後

スレート屋根工事
施工事例を一部ご紹介

《スレート屋根改修(塗装工事)》

ビフォー|スレート屋根工事 スレート屋根改修(塗装工事)
アフター|スレート屋根工事 スレート屋根改修(塗装工事)

お客様

岡山市北区 N様

お悩み・ご要望

農業用倉庫の乾燥機の上に雨漏れがしている。機械の上に落ちてきているため心配。太陽光発電もまだまだ余剰買取期間が残っているため、処分することも検討できない。どうしたらよいか。

施工ポイント

漏水部の屋根面を確認すると屋根材が欠損していることによるものもあれば、苔が溜まり毛細管で浸入していることも想定された。

塗装職人と相談し欠損部はボンドをつけ、漏水部を保護しながら屋根全体を塗装し、保護膜を作り太陽光発電パネルを再設置した。屋根工事店である長所を十分活用したご提案。また取り外し太陽光発電の電圧調査も行い異常の有無を確認した。

ご依頼のきっかけ

紹介

《スレート屋根改修(板金工事)》

ビフォー|スレート屋根工事 スレート屋根改修(板金工事)
アフター|スレート屋根工事 スレート屋根改修(板金工事)

お客様

岡山市北区 I様

お悩み・ご要望

スレート屋根の漏水を止めたいこと。また漏水するということは屋根材自体も劣化が進んでいることを想像し、スレート屋根の改修方法を勉強し業者をインターネットで検索。

安心でき、実績が確認できる半径40分~50分圏内の業者を選定していた。

施工ポイント

スレート屋根を撤去せず、スレート屋根の形状に合うガルバリウム鋼板を上に被せるカバー工法という施工をご提案。この時一番大切なことは職方作業の安全が確保できる作業方法。施工前に安全ネットを屋根全体に張り、その上にガルバリウム鋼板を張った。雨樋は既存のものを清掃し利用した。

ご依頼のきっかけ

インターネット

ひろやす瓦が
選ばれる理由

腕のいい職人

のいい職人

職人が施す確かな施工

弊社専属の腕の良い職人が、ご満足いただける施工をいたします。

その場その場の状況や具合を見極め、ベストな作業を行える職人が揃っています。

豊富な経験と知識

豊富な経験知識

長年で培われた技術力

昭和57年の創業以来、お請けした仕事に真摯に取り組みながら、日々経験や研究を積み重ねて参りました。

疑問やご質問など、気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
何でも丁寧にお答えします。

地域密着で丁寧な施工

地域密着
丁寧な施工

地域の方に頼られる会社

地域密着をこころがけ、長年のお付き合いがあるお客さまも多数いらっしゃいます。

これは弊社が、日々研鑽を重ねる高い技術と丁寧な施工が支持されている結果であると自負しています。

ページトップへ