言葉の使い分け

言葉の使い分け

夕方からは少し曇も出ましたが


26nenn

今朝は冬らしい『抜けるような空』でした快晴


こんな日は、時にお客様から電話をいただく事があります。


太陽光発電設備を設置させていただいた近隣の方からです。


それもいきなり えへへ…

でんわ「今日はよぉ~発電するでぇ~・・・」

※今日はよく太陽光発電が電気をつくってくれる という意味

設置業者の方はみなさん感じられているのではないではにでしょうか

太陽光26年1月18日設置

26年1月19日設置 Y様邸 (岡山市北区大安寺地内)

PanasonicHIT太陽光電池 10.8KWシステム

By the way・・・・

外食をして会計をしてもらう時、

「お愛想」

と勘定をお願いするのは間違いです!と、

テレビのクイズ番組等で解説されますが、

先日、得意先のK産業のM田さんとのお話の中で

お客様と商品を発注する業者との間において

電話に出る時の受け答えで「ありがとうございます」と「お世話になります」って使い分けしていますか?

と尋ねられました。

全く考えたこともなく常に「お世話になります」と、言っていました。

 しかし、

相手の方が自分に注文をくれる方なら

「ありごうございます」

自分が注文をする立場なら

「お世話になります」

と、使い分けるそうです。

その話を聞き、気を付けて聞いていると確かに使い分けられている業者の方います。

些細な電話の応答ですが、社員教育の必要を感じた瞬間でした。


やったりMAX


ひろやす瓦の想い

ひろやす瓦ではお客様に本当に満足していただくため

お客様のご要望を第一に考えた工事をご提案させていただいております

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっとご満足していただけるを体験ができると思います。