屋根勉強会 in高知県

屋根勉強会 in高知県

初雪の観測、夕暗れも早くなり秋を感じられるようになってきました。


土曜日・日曜日、業界の勉強会で高知県に行ってきました。


テーマは『古民家鑑定について』

そもそも古民家とは築50年以上の木造住宅を指すようですが、住まなくなった家をどのように価値あるものとして世の中に継承していくのか?

田舎暮らしを望む若者や日本文化を好む外国人の方へ如何に安価にかつ住みやすい家を提供できるのか?まだまだ瓦屋としてできることはたくさんあります。

議論にも熱がはいり、岡山の部長も疑問点をぶつけ意見交換ができました。
おちゃむの『よろこびの庭』-2013西日本ブロック高知

夜夜。お楽しみの懇親会beer*

高知と言えばカツオをはじめとした 酒に 肴に  ○○に ドキドキドキドキドキドキアップ  

旨い食材がたくさん!!

しっかりと高知の夜を堪能させていただきました(=⌒▽⌒=

おちゃむの『よろこびの庭』-2013西日本ブロック高知懇親会

次の日、日曜日。

せっかくの高知。

高知の日曜日と言えば

 【朝市】

大人の男3人で行ってきました。

おちゃむの『よろこびの庭』-2013西日本ブロック高知 日曜日高知探索

どうでしょうか。この後ろ姿。

まっ、そんなことはもとより・・・・・ヾ(@^▽^@)ノ

おちゃむの『よろこびの庭』-2013西日本ブロック高知 日曜日高知探索

おちゃむの『よろこびの庭』-2013西日本ブロック高知 日曜日高知探索

朝市で買った『ほくほくの アッ・まぁ~い芋テングッド!

   (本当においしかった)

まだまだ行っておかなければならないでしょう。

『はりまや橋』
おちゃむの『よろこびの庭』-2013西日本ブロック高知 日曜日高知探索

はりまや橋の由来・・・・江戸時代初期、堀川を挟んで商いを営んでいた播磨屋と櫃屋がお互いに行き来するために架けた私設の橋がその始まりとされています。周辺の賑わいとともに、のちに公共の橋となったそうです。



そして  【龍河洞】

おちゃむの『よろこびの庭』-龍河洞

しっかり洞窟内を探検してきました。


ここの女性ガイドが大塚寧々風でよかった叶恭子様




最後はやはり高知の代表的漫画家


やなせたかせ先生の【アンパンマン ミュージアム】


  今回のメインといっても過言ではありません


おちゃむの『よろこびの庭』-アンパンマンミュージアム高知


♪「ナンノタメニ生まれて、なんのタメニ生きるのか・・・・」

このミュージアムを訪れてやなせたかし先生の『夢』・『希望』はとてつもない苦労の中から創りあげれれたことを実感しました。

おちゃむの『よろこびの庭』-アンパンマンミュージアム高知 おちゃむの『よろこびの庭』-アンパンマンミュージアム高知

追悼旅行。やはり来て良かった車


ありがとう。  アンパンマン。
おちゃむの『よろこびの庭』-アンパンマンミュージアム高知


ひろやす瓦の想い

ひろやす瓦ではお客様に本当に満足していただくため

お客様のご要望を第一に考えた工事をご提案させていただいております

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっとご満足していただけるを体験ができると思います。