イブシ瓦 完成点検

イブシ瓦 完成点検

6月13日が引き渡し日のI様邸の引き渡し点検です。

おちゃむの『よろこびの庭』-岩崎様邸 全景

岡山市東区光津地内

高校時代の部活動の後輩の紹介で施工させていただいたI様邸新築工事。


和風の雰囲気を残しながら使い勝手も優先しています。


その作品にはプロが伝える恩返しお礼施工があります。




屋根業界では【袖部】と言われる両サイドの端の瓦


今回は【刻み袖】と言わる一般的な使用よりワンランク上の瓦で仕上げをさせていただきました。


この提案ができるお陰は、お施主様と直に交渉をさえていただいた元請工務店様のご好意の賜物でもあります。


ありがとうございます。    (‐^▽^‐)

おちゃむの『よろこびの庭』-刻み袖

刻み袖瓦




その他にもサイドの瓦は


もっともポユラーなサイド瓦は【切袖瓦】

すっきりとした仕上がりを喜んでいただいています。

上の「刻み袖瓦」とどこが違うの?

おちゃむの『よろこびの庭』-切袖②

おちゃむの『よろこびの庭』-切袖

目よぉーく、見てください。上にあがっていくピッチが等間隔で、「刻み袖」とピッチが違うのわかりますかビックリマーク


【紐袖瓦】
おちゃむの『よろこびの庭』-紐袖

これもピッチは等間隔でありながら垂れの端の部分に棒のような線がついています。

豪華に観えますよねラブラブ


【刻み平瓦】

おちゃむの『よろこびの庭』-刻み平

岡山のエリアでよく見られる仕様です。

全国的には珍しいようで他のエリアの瓦屋の方が見られて驚かれる業者もあります。

ヘ(゚∀゚*)ノ  すごいでしょアップ


まだまだナイスな納め方がありますが、屋根はあまり奇抜じゃない方がいい。


とオチャムは思います。





ひろやす瓦の想い

ひろやす瓦ではお客様に本当に満足していただくため

お客様のご要望を第一に考えた工事をご提案させていただいております

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっとご満足していただけるを体験ができると思います。